精進湖歩道

精進湖歩道のサムネイル写真

精進湖は富士山世界文化遺産構成資産のひとつで、富士五湖の中で一番小さい湖です。富士山の火山活動によって形成された堰止湖である本栖湖とせの海に、9世紀の噴火でさらに溶岩が流れ込み、現在の地形が形成されました。カヌーや釣りに人気の湖で、ヘラブナやブラックバスが生息しています。
精進湖歩道を整備した場所からは「子抱き富士」を見ることができましたが、以前には歩道が無く写真撮影や歩行者の通行の際には車の通行に気を付けなければいけない場所でした。そこで、歩行者の安全を確保するために歩道整備を行うことになりました。その際、富士山の眺望を満喫できるよう2箇所の子抱き富士ビューポイントを整備しました。ビューポイントの2箇所の幅員は通常の歩道幅員よりも広く整備しているため、歩行者の通行を気にせず子抱き富士の写真を撮影できる場所となっており、多くの方が写真撮影を行っています。

イチ押しポイント!

天気が良ければ精進湖歩道の2箇所のビューポイントより四季折々の子抱き富士(富士山が手前の大室山を抱っこしているように見えること)の写真を撮ることができます。

精進湖歩道

お問い合わせ先
富士・東部建設事務所吉田支所
〒403-0005 富士吉田市上吉田一丁目2-5富士吉田合同庁舎3階
TEL 0555-24-9050 FAX 0555-24-9052
アクセス方法
中央自動車道「河口湖IC」から国道139号・国道358号経由にて約18km
富士急行線河口湖駅から鳴沢・精進湖・本栖湖周遊バス 本栖湖観光案内所方面行き 子抱き富士ビューポイントバス停

精進湖歩道の周辺情報