芦安堰堤

芦安堰堤のサムネイル写真

日本で最初のコンクリート砂防堰堤

芦安堰堤は、日本で初めて堰堤本体にコンクリートを使用して築造された砂防堰堤です。
大正7年に竣工した重力式堰堤の上に、嵩上げのためにアーチ式堰堤を設置した構造となっており、高さが22.6mと当時では最も高い砂防堰堤の一つでした。御勅使川流域では、それまで空石積の砂防施設が多く設置されていましたが、施設の破損や流出が問題となったことから、より強固な砂防施設が必要とされ、日本初のコンクリートを用いた砂防堰堤が計画されたと考えられます。

平成9年には、国の”登録有形文化財”に登録され、土木学会より”推奨土木遺産”に認定されています。

イチ押しポイント!

”登録有形文化財”に登録されている周辺景観に溶け込んだ歴史的砂防施設です。南アルプスの登山や周辺の温泉施設をご利用の際にお立ち寄りください。

芦安堰堤

ホームページ
https://www.pref.yamanashi.jp/sabo/114_004.html
お問い合わせ先
中北建設事務所
〒400-0065 甲府市貢川二丁目1-8
TEL 055-224-1660 FAX 055-224-1675
アクセス方法
中部横断自動車道「白根IC」から約12km
JR中央本線「塩崎駅」から約15km

芦安堰堤の周辺情報