平瀬浄水場

平瀬浄水場のサムネイル写真

山梨県内で一番大きな浄水場

平瀬浄水場は、標高2,592ⅿの国師ヶ岳の山中から流れ出る荒川の水を取水し甲府市内(南部を除く)と甲斐市の一部(旧敷島町)の広い範囲に給水しています。この施設は、明治42年(1909年)に造られた歴史あるもので、大正2年(1913年)から水を送り続けています。今日では自動制御システムによる近代的な浄水場に生まれ変わりました。また水道法で定める水質基準51項目について水道GLPの認定を取得し、迅速で精度の高い水質検査を行っています。

イチ押しポイント!

日本有数の渓谷美を誇る御岳昇仙峡の表流水を原水とした水道水を、長期保存処理を施しボトルに詰めた、ボトルドウォーター「甲府の水」がモンドセレクションの【ビール、飲料水&ソフトドリンク】部門に出品し、2018年,2019年は優秀品質【金賞】、2020年においては、優秀品質【最高金賞】を受賞しました。

平瀬浄水場

ホームページ
https://www.water.kofu.yamanashi.jp
お問い合わせ先
甲府市上下水道局 浄水課
甲府市平瀬町 437-3
TEL 055-251-8111 FAX 055-251-8127
アクセス方法
甲府駅から一般道北西約8.5㎞